ノン・スモーク・ビワキューの説明(無煙タイプ・「有煙モグサも使用可能です」)

ノンスモークビワキューセット

歴史ある枇杷葉を使った療法。
ビワ葉のエキスを使った温圧療法です。

  • 管理医療機器(クラスⅡ)温灸器
  • (特許出願中)
  • 医療用製造承認 承認番号(588)第759号

【ノン・スモーク ビワキューセット】 78,000円(税別)
             .

【ノンスモークタイプの器具説明】


ノンスモークビワキューの構造
 器具は、3つの部品に分かれています。(中に入るアタッチメントは上下2個)
●  下部の部分がソフトゴムになっていて、ツボの肌に当てます。
  ソフトゴム部分内側にローション吸収綿が付いています。
  そこにビワエキスを注入します。
アルミ放射筒は内側部分となります。
● 上下アタッチメントの中に無煙・無臭モグサが入ります。
  それを、(下部)部品と(中継ぎ)部品 (上部)部品の中に入れて使用します。  
炭を入れる   炭に火を付ける
はじめに無煙・無臭モグサの穴が5カ所すべて貫通していることを確認してください。穴がふさがっている場合は、楊枝等を使って穴を通してください。その後、ビワキュー本体 C に、蓋をはずしたアタッチメントをセットします。
さらに、アタッチメントにピンセットで無煙・無臭モグサをセットします。その際アタッチメントがビワキュー本体 C の排気穴をふさぐ場合がありますので、排気穴が空いているかどうかを確認してください。
(注) あらかじめアタッチメント(上部の蓋と下部)の脱着の具合を調整確認してください。 
 大きめの皿かパレット等の上で、無煙・無臭モグサをセットしたビワキュー本体 C を少し斜めにして手で持ち、点火用ターボライタ等で上部より点火します。
(注)点火の際火の粉の飛散など火の取り扱いこは十分注意してください。(パレット・皿等に水を張るとより安全です)
(注)点火の際、多少煙と臭いが出ますので、真上からのぞかないようにしてください。
※ 点火用ターボライター等は、火の向きを真下にすると、着火しにくい場合がありますので、少し斜めにしてご使用ください。
 炭を出す 器具を外す 
 無煙・無臭モグサに上から5mm程度、中心部の方に赤く着火したのを確認後、パレットの上にビワキュー本体 C を置き、アタッチメントの中央部をピンセットで固定し、アタッチメント蓋を差込み確実に締め付けます。
(注) アタッチメントは熱くなっていますので、直接素手で触れないようにしてください。
(注) 手袋等を必ず使用してください。
 蓋を締め付けた後、ビワキュー本体 C にビワキュー本体 A・B をセットします。
セット後、ビワキュー本体をビワキュー本体 A が下になるようにしてください。
 炭に風を送る エキス挿入 
 ④の後、パレット上でビワキュー本体 C の上部に、パワーブロー又はドライヤー等で風を送り込んで下さい。
ドライヤー等を使用する場合は約30cmぐらい離した位置から弱い風を送り込んでください。
ビワキュー本体 C の上部から見て、無煙・無臭モグサの上面全体が真っ赤になるまで風を送ってください。

(注)ビワキュー本体 C の上部から火を確認する際は、ドライヤ等は止めてから行ってください。

(注)強風で風を送りますと火の粉が飛散しますので、必ず弱風で行ってください。
 ⑤の着火後、約5分間そのままの状態にして、ノンスモークタイプが使用できる状態にします。
ビワキュー本体 A のローション吸収綿に無憂扇ローションを注入し完全に吸い込ませます。
適温(肌に当てて10秒前後で熱くなるくらい)になったら準備完了です。
また無憂扇ローションの補充の際は、ビワキュー本体 A を下に向けたまま補充してください。
(水平にしないでください)
※ノンスモクタイプは肌にあてて10秒前後で熱くなるように調整します。
(注) ノンスモクタイプのゴム部の温度とローションの入れすぎに注意します。ご使用になる前に必ずエキスの量と適温の確認をします。(多い場合は吸い戻します)
 ビワキュー温度調節 ビワキュー点 
  温度調整は、まず熱くなりすぎた場合、水にしめらしたタオル等を手のひらにのせて、ビワキュー本体Aのゴム部を包み込むようにして冷まします。
ローション不足も、温度に影響しますので、約20~30分毎に補充してください。その際は、パワーブローオート等で風を送り、火がついているか確認してください。
また、火が弱まっている場合は赤くなるまで弱い風を送り込んでください。
(注)使用中のローションの補充の際は、灰の落下防止のためビワキュー本体は横にせず、必ずビワキュー本体 A を下に向けたまま補充してください。
落下予防のため、必ずパレット等の上で作業を行ってください。
 ノンスモークタイプがセットできたら、身体を指で押さえ、痛いところ、気持ちいいところ等、施術ポイントを探します。
圧痛点やツボ等に、ポインターを貼り、指で10秒少し強めに押します。
そこを目安にしてビワキューをあてます。

※ポインターは別売りです。
ビワキューを肩にあてる   ビワキュー清掃の方法
 ノンスモークタイプ上部を親指と人差し指の間にかけるようにして持ち、約10秒位で熱くなる状態で使用します。
背骨を中心に左右対称に施術すると、より高い効果が得られます。 二人で施術するのが理想的でしょう。

(注)異常肌や知覚神経マヒの人は、火傷に注意してください。ビワキューノンスモークタイプで使用する無煙・無臭モグサは、斜めに使用すると通気穴より、炭や灰が落下することがあり、服や畳をよごすおそれがあります。
ビワキュー本体はできるだけ垂直に使用し、それに合わせて身体を動かし施術してください。
 施術が終わったら、パレット上でビワキュー本体 A を上こ向けてビワキュー本体 C からビワキュー本体 A・B をはずします。その後、火消筒を上からかぶせ、そのままの状態で逆さにして、アタッチメントを火消筒の中に入れます。
※逆さにしてもアタッチメントが落ちない場合は、ピンセットでアタッチメントのふちに近い方の上部より押して落とします。
(注)アタッチメントは熱くなっていますので、指を入れて押さないでください。
(注)火の粉や、灰が飛び出しても安全なように、手袋をする等、火傷の危険防止を行い、必ずパレットの上で作業してください。
 ビワキューパレット  捨てる
 火消筒に蓋をして消火します。しばらくそのままの状態にして、温度が下がり消火したかどうかを確認してください。

(注)火消筒全体が熱くなりますので、
素手では触れないように注意してください。
 完全に火が消えたのを確認後、茶こし等で白い灰を取り除き黒いモクサの部分を乾燥剤入りの防湿袋(無煙・無臭モグサは水分をきらいます)に入れ、さらに不燃性のケース(缶)等に入れて保管します。冷蔵庫で保管するのが理想的です。
※使用後の燃え残ったモグサはビワピラミッド用(別売)として使用できます。保管しておくと便利です。
ビワキュー掃除 ビワキューブラシ
  使用後は、本体 A・C のアルミ部分の内側の汚れをキレイに拭き取ります。取りにくい汚れは、エタノール等で掃除します。本体 B の内側もキレイにしておきましょう。

※ローション吸収綿は、2ヵ月に1回または、綿が固くなったら取り替えてください。
 アタッチメントも、灰が残ったりしますので、掃除用ブラシでキレイにしてください。あとは、もとどおりにセットし、収納してください。
※アタッチメント蓋の灰落下防止用極細目網は、目詰まりに注意してていねいに掃除してください。
その際、網を破損しないように十分に注意して下さい。
時々洗剤を用いて網を洗ってください。
炭や灰の落下防止 
  1. ビワキューの炭や灰の落下防止のため、ピワキューに衝撃を与えたり、回転させないようにし、出来るだけ垂直にご利用ください。
  2. ビワキューは横向に使用しないでください。
  3. 使用状況により炭や灰の落下が予想される場合、あらかじめ防炎シート等を敷いて、その上でご使用ください。
火が消えない使用 
  1. 使用開始後15分毎にビワエキス補充と必ずパワーブロー・オート又はドライヤー等で火力を強めてご使用ください。
  2. 通気穴が上下計8個とも完全に開放されている事を確認してください。
  3. 万一火が消えた時は、モグサを反対にして再着火します。

ノン・スモークタイプビワキューのセット内容

 ノンスモークセット2ノンスモークタイプ(無煙・無臭)
【セット内容】
 ○ ビワキュー(医療用具)    2個
 ○ 棒状モグサ           2本
 ○ 無煙・無臭モグサ       40個
 ○ 消火筒(蓋付)          2個
 ○ 無憂扇ローション300ml    1本
 ○ 専用ハサミ           1本
 ○ ピンセット           1本
 ○ ターボライター(初回のみ)   1個
 ○ 清掃ブラシ            1本
 ○ パワーブロー(送風器)     1個
 ○ 仕様説明書            1冊  

    78,000円(税別) 
ビワキュー DVDノンスモークビワキューセットをお買上げ頂くと、
ノンスモークビワキュー取扱方法をとっても解りやすく説明してあるDVDをプレゼントいたします。

※ ノンスモークビワキューセットは、この器具で
有煙モグサ(有煙ビワキュー)を使用することができます。

ノン・スモークタイプビワキュー・取扱説明

You Tube


ビワキューのオプション・消耗品

【ノンスモーク・アタッチメント】 【ビワキュー器具単体】
 アタッチメント ビワキュー単体 
※ このアタッチメントを使うと
有煙セットでも無煙モグサを使用できます。
23,000円(2個セット)税別
※ ノンスモーク(無煙)を使うには
左のノンスモークアタッチメントが
必要です。
単体 1本の価格です。
15,000円 税別

※通常は2本使います。
(予備の備品としてオススメします)
【無 煙 モ グ サ】  【ネッフル カメリアエッセンス 】 
無煙モグサ
無煙モグサ40個(10個×4袋)
10,000円(税別)
ネッフル カメリアエッセンス
ビワ葉エキス 無憂扇ローション】
ビワ葉エキス 無憂扇
※ ビワエキス無憂扇ローション
ビワキュー器具に注入して使用します。
650ml 10,000円 (税別)

300ml 5,000円(税別)
 ※ ビワキューの後にカメリアを塗ると
しっとりと浸透します。
ネッフル カメリアエッセンスは、椿油と
スクワランを主成分とした化粧オイルです。
古くから重宝されている椿油をサッパリタイプに
仕上げました。
お肌に柔軟性を与え、うるおいを保ちます。
<ご使用法>
容器から適量を手のひらに取り、
マッサージしながらご使用下さい。
20ml 8,000円
(税別)
100ml 20,000円(税別)
(お徳用)


【ビワエキス無憂扇ローションの特徴】

ビワエキス無憂扇ローションは、化粧品として登録がされています。
ヨモギエキス配合
① ヨモギエキスは、弱酸性で肌荒れ・アトピー等のトラブル肌を解消し、敏感肌の方にも安心です。
② ヨモギエキスは、香りを嗅いだり、身体に塗ることにより身体の不調を治す効果を有しています。
ヨモギエキスは、皮膚のケラチンを柔らかくする作用があるので、 肌のスベスベ感・炎症・あせもにも有効です。     
血行促進作用に優れていますので、冷え性・腰痛・神経痛にも有効です。
③ ヨモギの水性抽出物・精油に抗菌性があります。
ヒノキチオール配合
① ヒノキチオールとは、青森ヒバなどのおが屑2tからわずか100gしかとれない大変貴重な成分です。
② 効能効果に優れています。     
・ 優れた抗菌作用     
・ 優れた消炎作用     
・ 高い皮膚浸透力     
・ 細胞をイキイキさせ、元気にする細胞活性作用     
・ 美白作用(しみ抜き作用)     
・ アトピーに優れた作用     
・ 院内感染(MRSA)抗菌作用     
・ 食品添加物にも使用される高い安全性
クロロフィル(葉緑素)の成分
葉緑素は、私達の身体を作る全ての基本をなす物質です。
血液も全て葉緑素で出来ています。    
生命維持には、葉緑素は欠かすことの出来ない物質なのです。    
ビワとヨモギから得られるクロロフィルにより、強い波動が生じ、身体と共鳴し、   
理想的な生体の調整が可能となります。

※ 尚、葉緑素の成分強化により、ローションが服等に付着しますとシミになり易いのでご注意下さい。

ビワエキスにヨモギエキス・ヒノキチオールを配合し、高い効果効能を有します。
★ ご注意:: ビワキュー器具をご使用の際は付属してあります。
ご使用説明書を良くお読みになって正しく、安全にご利用ください


※無煙ビワキューに付いてはお電話・メールにてお問合せください※




療法師になりませんか


ビワ温圧療法師のご案内
歴史あるビワ葉療法ビワキューの資格を所得しませんか?

【随時資格研修実施中】
詳しくは、こちらから
お問合せください


【新規通信講座も開設】

ビワキューについて

ビワキュー器具

びわ蒸し

健康ヨガ教室案内

ビワキュー おおもり
取 扱 商 品

ビワキュー・リンク

電気ビワキュー 和


ビワキュー 書籍紹介


【日本伝承医術】
病気に出会って、
病気に学ばないなら、
病気になった意味がない
【焼熱療法】
このホームページ上の
ビワキューに付いての
説明文章の一部は
上記の「焼熱療法」
島田修会長 著から
抜粋しています
【食餌療法】 ビワミン
日本ビワ温圧療法師会
島田修会長 著
【枇杷療法 Q&A】
島田修会長 監修 ビワ療法に関して簡単で解りやすい
小冊子を差し上げます
お気軽にお問い合せください
(送料別途)
【営業日カレンダー】



biwa_no_moriをフォローしましょう



整骨院 くち得ナビ

※いつあき予約は
使用していません

いつあき予約

※ ご予約はお電話
又は、メールで
お問合せください。